HOME > 製品案内 >  段ボール業界向け 現場実績収集システム

製品案内

段ボール業界向け 現場実績収集システム

現場実績収集システムのご案内

お客様からの声を反映し、現場実績収集システム(製函モニター)を開発・販売しております。

CNCオンライン版

機械の管理装置と直接接続し、予定データの送信、実績の収集を行います。
※予定データについては、寸法情報や記憶されている製品コードを送ることにより、製函機のセット等の用意も簡単に行えます。CNCへの入力作業がなくなります。
(機械により内容などは異なります。)
実績データは機械側からの詳細データ(ロス数・停止の詳細など)も取得することが可能です。

カウンター版

機械のカウンターより信号を取出し、製函モニターとつなぐ事により実績(数量・時間)を収集します。

手入力版

現場に設置するパソコンにて、手入力で実績を収集します。

現場実績収集システム導入によるメリット

実績が自動でとれる。(CNCオンライン版・カウンター版のみ)

通数や製造数などを自動で集計します。 また、セット時間や稼働時間、停止時間なども自動で集計しますので、入力の手間が省け、きっちりとした数値がとれます。

事務所側でリアルタイムに製造状況が把握できます。

オーダーが完了したものは緑色で表示されますので、事務所でもリアルタイムに現場の状況を把握できます。 追加や変更の対応や、お客様からの問合せにも対応しやすくなります。また、現場で実績の修正や、停止理由の入力も可能です。

追加・削除・変更がオンラインで連絡できます。

事務所から追加や削除・変更の指示をオンラインで送ることにより、現場側のシステムに『指示有』の表示がされます。 現場側で内容を取り込むことにより、即座に対応が可能です。事務所より現場へ行く手間がなくなります。

現場で図面が見れます。

現場で看板が出力できます。

工程変更や順番変更が可能です。

現場で、明日以降の状況が把握できます。

詳細データが現場で把握できます。

帳票では出し切れない、 詳細情報(シートの仕上がり枚数、 前工程の完了・未完了など)が把握できます。

ページトップへ